福岡市の井上伸一税理士事務所、医療開業サポート.NETでは、診療所の運営や開業までに必要な手続き・作業を税務・会計面からも併せてトータルサポート

医院・歯科医院Q&A

開業まで

意志決定から開業までにはどのくらいの期間がかかりますか?
戸建かテナントかなどにもよりますが概ね1年半(18ヶ月)程度を考えておいたほうが良いでしょう。
賃貸物件(テナント)の開業で何か問題はありますか?
通常2年間の契約が一般的ですが長期間(10年以上)にわたる契約が確約できる物件が望ましいところです。
一人医師医療法人を開業する際の要件でも必要となります。
開業資金を借り入れ時のポイントは?
ポイント(考慮に入れるべき点)は以下の通りです。
  • 金利負担(低いほど良い)
  • 借入期間(長いほど良い)
  • 据え置き期間があるとなお良い。
医療機器は購入とリースのどちらが良いですか?
先生個人からの支出総額でみると
  • 1 自己資金での購入
  • 2 借入(親族・金融機関)して購入
  • 3 リースでの契約
リースでは費用が均等化するというメリットもありますが支出総額という意味では大きくなる可能性があります。
割賦という支払方法もありますので合わせて複合的に考える必要があります。

ページトップへ

開業後

開業後の私(先生)御自身の社会保険・雇用保険はどうなりますか?
経営者ですからもちろん原則雇用保険は加入できませんが社会保険は医師国保・国民年金になります。
医院開業後のリスク対策はありますか?
リスクは先生に万が一があった場合が想定されます。
借入金の返済や遺族の生活保障を目的とした生命保険の加入や入院や手術等の補償も考えて加入した方が良いでしょう。
所得税計算上の特典があると聞きましたが?
社会保険診療報酬の所得計算の特例があります。
社会保険診療報酬が5000万円以下の場合、法律に定められた概算経費で所得税の計算をすることができます。

ページトップへ

法人化に関して

開業と同時に医療法人は設立できますか?
一人医師医療法人と言われ、医療法人を設立できます。
将来的に医療法人を考えています。資金面での要件はありますか?
資産要件としては2ヶ月分の運転資金が必要です。
MS法人(メディカルサービス法人)とは何ですか?
医療行為以外の営利を目的としたサービスをする法人をいいます。
例)
  • 売店の運営
  • 管理部門業務の受託
  • 不動産、医療システムの賃貸事業
  • 患者さまへのサービスの拡充
  • マーケティング事業 など

ページトップへ

基金拠出型医療法人に関して

基金拠出型医療法人の基金とはなんですか?
診療所を医療法人化すると基金制度を活用した医療法人社団となります。この基金は、社団である医療法人(持分の定めのあるもの、特定医療法人、特別医療法人は除く)に拠出された金銭その他の財産であって、当該社団医療法人が拠出者に 対して厚生労働省令及び当該医療法人と当該拠出者との間の合意を定めるところに従い返還義務を負うものとなります。
基金拠出型医療法人の設立手続きにあたり規定することはありますか?
「基金拠出型医療法人」を設立するためには、定款に基金を引き受ける者の募集をすることができる旨を規定するとともに、基金の拠出者の権利に関する規定と基金の返還の手続を合わせて規定しなければいけません。
基金拠出型医療法人のメリットは?
基金の特性から基金拠出型医療法人は、出資持分の定めのある医療法人より税負担の軽い事業承継を実現させることができます。

ページトップへ

医院開業・歯科開業なら福岡市の井上税理士事務所へお気軽にご相談ください。